佐藤健

佐藤健 神木隆之介 染谷将太出演の映画「バクマン。」の動画が無料で見られるのはどこ?!

2015年に公開され大ヒットした映画「バクマン。」。

原作は「DEATH NOTE」で一躍有名となった大場つぐみと漫画を描いたのは小畑健の最強コンビ。

全20巻累計1500万部の大ヒットを記録した漫画の実写版です。

また、音楽は劇中音楽や主題歌全てをサカナクションが担当し、かなりの話題を呼びました。

高校生が漫画家を目指す、新感覚の青春映画をぜひ堪能してください。

ここでは、映画「バクマン。」が無料で見られるサイトやキャスト、監督などの紹介をしていきます。

  • 本ページの情報は2020年6月時点のものです。
    最新の配信状況は 各配信サービスにてご確認ください

映画「バクマン。」の動画が無料で見られるのはここ

無料動画サイトといえば、YouTubeやDailymotion、PandoraTVですが、YouTubeは著作権のある動画の配信は禁止、DailymotionやPandora TVは違法サイトのため視聴するだけでウィルス感染の恐れがあるためお勧めしません。

今は安全で沢山の動画が見られる動画配信サービスがあるのでぜひ利用してみてください。

映画「バクマン。」が見られる動画配信サービスはU-NEXT、Hulu、Amazonプライムの3つでした。

サービス名 特徴 無料期間
U-NEXT
  • 配信数No. 1の14万本
  • オフライン視聴可能
  • もらえるポイントで最新作も視聴できる
31日間
無料視聴
Hulu
  • オリジナルドラマが充実
  • 海外ドラマに強い
  • 見放題の作品数は5万
2週間無料視聴
Amazonプライム
  • 月額500円(年払い408円)と格安
  • オフライン視聴可能
  • 見放題の作品数は34000本
30日間無料視聴

特にHuluではアニメのバクマンも視聴することができるのでオススメです。

どの動画配信サービスも無料のお試し期間があり、その期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

映画「バクマン。」の監督とキャスト 話題のヒロイン役は誰?!

コミックスを読む人
  • 真城最高 : 佐藤健
  • 高木秋人 : 神木隆之介
  • 亜豆美保 : 小松菜奈
  • 福田真太 : 桐谷健太
  • 平丸一也 : 新井浩文
  • 中井巧朗 : 皆川猿時
  • 川口たろう : 宮藤官九郎
  • 佐々木編集長 : リリー•フランキー
  • 新妻エイジ : 染谷将太

映画「バクマン。」の監督は、映画「モテキ」で初映画監督ながら第35回日本アカデミー賞の話題賞、優秀作品部門を受賞した大根仁監督です。

ドラマでは「トリック」の監督としても有名。

そして、話題となったヒロイン役は女優の小松菜奈。

漫画の中ではヒロインが美少女とあって誰が配役されるのか注目されましたが、誰もが納得する人選でした。

劇中では、初の声優にも挑戦しています。

映画「バクマン。」の主題歌は?

映画「バクマン。」の主題歌、劇中の音楽を全て一括でサカナクションが担当しました。

大根仁監督が、バクマンの映画化の企画が上がったときにまっさきに思いついたのがキャストや内容よりもサカナクションに音楽の担当をしてもらうことだったそう。

普段漫画をほとんど読まないサカナクションの山口一郎が感銘を受けたのが手塚治虫でした。

その手塚治虫作品の「新宝島」から主題歌のタイトルがつけられました。

この曲が出来上がるまで6ヶ月という、自身でも経験したことのない長い産みの苦しみを味わった山口一郎に、大根仁監督は「自分の線を引けるようになることが漫画家の一人前の証だ」と伝えたところ、歌詞を書くのもまず線を引くことから始まると感じ、この産みの苦しみを漫画家の苦しみに置き換えて作ったと山口一郎本人が語っています。

大根監督は、この曲に導かれるように「バクマン。」を作ったと大絶賛。

ちなみに、サカナクションが映画音楽全般を担当するのはこれが初めてです。

映画「バクマン。」はエンドロールまで見逃せない!!最後まで見るべき理由

漫画

バクマン。はエンドロールがすごい!と鑑賞した人から絶賛の声が上がっているのをご存知ですか?

エンドロールといえば、さぁ映画終わった帰ろーとみんなが席を立つタイミングですが…

ちょっと待ってください。

バクマン。の凝りに凝りまくったエンドロールを見ずに終わるのは勿体なさすぎます。

そのエンドロールとは…

普通、制作スタッフの名前が黒地に白文字で流れていくところを…

全て単行本にしてしまったんです。

よく見ると、ちゃんとタイトルが肩書きになっています。

これはすごい。。。

集英社の底力を見た気がします。

映画レビューでも、この年1番のエンドロールだと絶賛されました。

実は大根仁監督はエンドロールの使い方がとても秀逸だと評判なんです。

以前手掛けた「モテキ」でも、え?これがエンドロール??という驚きがありました。

新しいものを常に取り入れる大根監督、これからの作品も楽しみです。

映画「バクマン。」の予告動画

まとめ

とにかく熱い青春ものを見たい方にはかなりおすすめの映画です。

佐藤健が白目むいたりする振り切った演技も見もの。

そして、ライバル役の新妻エイジを演じる染谷将太は、大根監督に「日本に染谷将太がいてよかった」と言わせるほどのハマり役なので是非楽しみにしていてください。

▼31日間無料▼
U-NEXT公式サイト

▼2週間無料▼
Hulu公式サイト

▼30日間無料▼
Amazonプライム公式サイト